猫とわたしの気まま日記。

飼い猫プルとはたらく中年夫婦のブログ。

がんばる箱。

ぷーちゃんの拠点の箱がピンチ💦

 

数日前に乗せた写真ですでに崩壊間近。

f:id:puru3919:20201012123656j:plain



やむなく箱の向きを入れ替えて何とかまだ使う。

f:id:puru3919:20201021063804j:plain



崩壊寸前だった右側は逆サイドへまわり、足蹴りされています。

f:id:puru3919:20201021201809j:plain

 

f:id:puru3919:20201021201735j:plain


中のあんよを確認。

f:id:puru3919:20201021201749j:plain

 

この箱、2010年頃から我が家にあるのですが、2015年の1月にはすでにボロボロでした。

古い写真ですが、雰囲気だけでも。

f:id:puru3919:20201021202544j:plain

 

上下左右を入れ替えたりしながらまだ現役。

 

この箱はもともとは夫のブーツの箱なんですが、うちに来た当時のぷーちゃんは、シニア猫の多頭飼育現場で落ち着ける場所が少なかったので、夫がプルの為に高い場所にこの箱を置いたことがはじまりです。

 

そんな気持ちに応えるかのように長年愛して育てて爪砥いで噛んで蹴って来た箱。

何だか、いかめしみたいなボディ。

f:id:puru3919:20201021124739j:plain

 

まだまだ頑張ってもらいたい。

 

昨晩も箱の隙間であそびました。


f:id:puru3919:20201021225034j:image

 


f:id:puru3919:20201021225104j:image

 

先日実家で見つけた箱を試しに持ち帰り。

押し入れの奥に設置してみたら、新しい箱を受け入れないタイプのぷーちゃんがIN。

これもやはりブーツの箱。

f:id:puru3919:20201021201826j:plain

 

ブーツの箱なら、もしかしたら代替品にできるのかもしれない。

最近は靴類を買っても箱を持ち帰らないことが多くなったので、まったく気が付かなかった。

 

そろそろ、ダナーの箱欲しさにブーツ買わないといけないかな?と思っていたところでした。

 

もしも代わりの箱が受入れられても、ダナーの箱はとっておきます。

私たちにとっても宝物です。