猫とわたしの気まま日記。

飼い猫プルとはたらく中年夫婦のブログ。

ぷーちゃん、出陣。

今日はいよいよ歯石取り(状況によっては抜歯もアリ)の日です。

 

昨晩22時〜絶食。

今朝は早朝から水もしまい、朝一番に預けて会社に行き、帰りにお迎えです。

気の毒ですが、誤嚥のほうが怖いので仕方ありません。

 

行ってきます。

f:id:puru3919:20210617175242j:plain

 

そんなぷーちゃん、腎臓療法食生活の滑り出しは順調です。

朝出しておいた置きエサの療法食が空っぽ。

(ロイヤルカナン 腎臓サポート スペシャル)

f:id:puru3919:20210617175139j:plain

 

嬉しい悲鳴の飼い主は慌てておかわりを投入。

f:id:puru3919:20210617175153j:plain

 

皆様から頂いたブコメを読むと、食べてくれないという問題もあるのですよね。

プルがナチュラルに受け入れてくれたのでその問題をすっかり忘れていましたが、確かに私も初めて慢性腎不全と告げられた猫の食事には苦労しました。

※当時は今ほどフードの選択肢はありませんでした。

 

腎臓関係の数値が基準値内とはいえ、高めではあるので先生からすすめられた療法食。

確か言われたのが、

「ごはんをおいしく食べられているうちに切り替えてしまった方がいいですよ。」みたいな言葉。

 

多分、健康なうちであれば基本的に食欲はある為、お腹が空いて療法食しか置いていなければしぶしぶ受け入れるので、そうやって切り替えてしまおうという作戦なのでしょうね。

 

もしかしたらなのですが、プルがあっさりと療法食を受け入れた理由は、もともとシニア軍団に混じって「銀のスプーン 20歳を過ぎてもすこやかに」というドライフードをずーっと食べ続けていた為、「タンパク質」「リン」「ナトリウム」が制限され気味のフードに舌が慣れていたということもあるかもしれません。

 

本当は、飼い主の気持ちに応えてくれたのだと思いたいところなのですが(^_-)-☆

 

多頭飼育を終えてプルだけになってしまった時に、「もう自分の好きなの選びな。」って色んなもの買い込んで来たのですが、ひとりになっても皆で食べていたごはんをぽちぽち食べ続けてきました。

その気持ちが姿がとても嬉しかったです。

 

おすすめして頂いたアニモンダ、病院でサンプルの取り扱いがないそうです💦

ヒルズのk/dはあるみたいなので、あったらもらってみます。

 

療法食は500gで病院で1780円、amazonやヨドバシだと1400円切るくらい。

なるべくおいしく食べてもらいたいので500g単位で購入することは決めているのですが、病院との差額が大きいです。

本当はお世話になっている病院にお金を落としたいところなんですが、ここは通販にしちゃいます。

病院に寄る時間もお金も節約できますし、取りおきの電話もしなくて済むので。

 

連日療法食のお話でお騒がせしましたが、色んなアドバイス・意見を聞けて助かりました。

何かあればいつでも教えてください。もちろん、「それ間違ってるよ。」みたいなことでも大歓迎です。

 

~連絡帳~

ESさん(id:obasit-n1731)に心配をして頂いたフードの切り替えにまつわるお腹下しの件、何だか大丈夫そうです。ただ、頭からはすっぽ抜けていました。ありがとうございます🎵